comodo Internet Securityの強制アンインストール

Windows8.1からWindows10にアップデートした際にcomodo Internet Security(または firewall、antivirus)が消せなくなったのでその時の備忘録

・前提
 1.スタートボタン→設定→アプリと機能からアンインストール
下のエラーが出てアンインストールできない。
comodo install error
 2.comodoから新しいインストールファイルを持ってきてインストールしようとしても、「入れる前に手動で削除してね。(英語)」のメッセージが出てきて進めない。

・削除方法
comodoのフォーラムから、強制削除のバッチファイルを持ってくる。
ファイルの直リン

※comodoフォーラムの登録が必要なので右上のregisterからフォーラムの登録を行う。

ファイルを手に入れたら、どこかに解凍して[COMODO Removal Tool 2014 – Mods version.bat]ファイルを右クリックで、「管理者として実行」
下記のようなプロンプト画面が出てくる。
comodo uninstaller

最初にcomodoを停止させるため、[1]を入力してEnter

次にcomodoを削除するため、[2]を押してEnter
いろいろ削除していそうな画面が流れる。
最後に[9]を押してPC再起動

再起動後、comodoから持ってきたインストールファイルでインストール

TwentyTwelveの背景が白い

現在、WordpressのテーマにはTwentyTwelveを使っているのですが、適当に更新をかけていたら背景が真っ白になってしまいました。

テーマのカスタマイズで背景色を変更してみても真っ白のまま。

ChromeやFirefoxなど、ブラウザ変えてみても変化なし。

 

原因調査中です。。。

いつの間にか直ってました。

技能者育成資金の返還

早いもので、社会人になってもうすぐ半年

そろそろ奨学金の返済が始まります…

技能者育成資金の返還(返済)方法がわかりづらかったのでメモしときます。

 

ほとんどは厚労省のサイトに書いてるとおりですが、郵送されてきた書類には、

領収済通知(報告)書・領収控・領収証書の3つが綴ってある紙が入っているのみ。

納付場所も薄く印刷され、間違ってコンビニ持ってった人も多いだろうと思われます。

ちなみに支払いは、日銀各本支店、銀行、信金、郵便局に持っていくか、pay-easyで払えます。(厚労省のサイト)

せめて裏にもうすこし具体的な支払い方法を記載してほしいところ。

 

また、納付期限もギリギリで、

9/23に書類が届いたのだが納付期限が9/30、実に一週間しかない。

郵便物が遅延などしたら即延滞金発生である。

公共料金より額も大きいので、準備のためにももうすこし余裕が欲しいところです。

 

サラリーマンやってると、銀行の窓口に行く事なんて難しい。

やってなくても、なかなかめんどくさい。その点pay-easyも使える点はありがたい。

正直、銀行口座引落が一番楽なのですが。

 

もともと、学校を卒業する際に返還方法は[銀行引き落とし]としたのですが、進級している間にいつの間にか

雇用・能力開発機構の廃止に伴い厚生労働省が引き継いだらしいです。

(廃止うんぬんの書類もたしかにいろいろ来てた気も…)

つまり、返還する相手が変わったので納付方法も変わったらしい。

 

おすすめの納付方法はやっぱりpay-easyです。

無料ですし、ほぼ24時間手続きできますし、 ネットさえあればどこでもできますし…

ATMでもできるらしいですが、僕はだいたいネットバンキングで済ませちゃいます。

ゆうちょや、UFJなど対応している銀行一覧

また、pay-easy納付に必要な、収納機関番号納付番号確認番号は領収済通知(報告)書などに薄く記載されているので頑張って探してください。真ん中より下らへんにあります。

 

さっさと完済してしまおー

新社会人

4/1から新社会人になりました。

関東に引っ越して、再びの一人暮らし

初めての就職

ダイエットのためのジムを始めたり

不安や眠いことだらけだが、大きなターニングポイントだと思うので地道に頑張る。

ext4パーティションの操作

Win7とlinuxのデュアルブート環境で、NTFS<-ext4と容量を分け与えた話

 

一つのHDDでWin7とCentOS6のデュアルブートを組んでいたのですが、Win7側の容量が少なくなってきたので、あまり使っていないCentOS側(ext4)のを縮めてWin7側(NTFS)にその分加えました。

使ったのはこのソフトParted Magic

NTFSとext4の両方に対応した無料ソフトをいろいろ探したのですが、最終的にこれを使いました。

LiveCDやUSBブートも可能です

基本英語ですが、GUI操作が可能なので簡単でおすすめです。

ダウンロードはこちらから

これの前にMiniTool Partition Wizard 7.7、GParted Live CDを使ったのですが、

前者はext4に対応していない、後者はboot途中にエラーが出て起動できなかったので断念しました。

電話帳の本体保存(JB)向け

アンテナピクト問題が解決したらしいので、手持ちのSC-02BにCM10.1を焼きました。
晴れてAndroid 4.2.1 JellyBeanになったわけで、電話帳を移してたりしてたのですが、
これの連絡帳(電話帳)は本体に保存が無い。選択の余地すらなく、
強制的にGoogleやFBのアカウントと関連付けなければ登録すらできない仕様でした。
アカウントと関連付ければどこでも同じアドレス帳を参照できたりと便利だが、漏洩のリスクが増えたり、
googleは勝手に連絡先増やすのでいつの間にか電話帳が汚くなっていくのが耐えられなかった。

そんな訳で電話帳は本体にのみ保存、クラウドとは切り離して管理したい。
そんな人も結構いるはずとGoogle先生に聞いてみたがなかなか出てこない。
やっと解決方法を見つけました。

※※※連絡帳が消える可能性があるのでバックアップは必ずとってください。※※※
Android 4.2.1で検証
3行でまとめると

アプリの管理→右端の(すべて)にある[Googleの連絡先の同期]を[無効にする]
同じく、(すべて)にある[連絡先]の[データを消去]する。
連絡先アプリで新しく追加するとき、[ローカルに保存]を選択する。

これだけです。
多分電話帳の中身は消えないですが、一応バックアップを取ることを勧めます。
本体のみに保存する以上、なにかしら外部にバックアップしておかないと、もしもの時に大変なことになるので。
またアカウントと関連付けたければ[Googleの連絡先の同期]を[有効にする]ことで元に戻ります。

また、連絡帳のデータをすべて消したい場合は、アプリの管理ー>右端の(すべて)にある[アドレス帳]の[データを消去]すれば吹き飛びます。

contacts01 contacts02 contacts03 contacts04 contacts05

日本語:English
連絡帳:people or contacts
Googleの連絡先の同期:Google contact sync
ローカルに保存:Keep local

SC-02Bの電池持ち

手持ちのSC-02Bを久々に純正ROM運用してました。

しかしこのSC-02B、2010/10/28発売でもう2年以上立っているのだが,1月にまたバージョンアップが出たときは驚いた。
S3まで出ているのに初期のS1のバージョンアップなんて国産機種()では考えられない。
さすがSamsungとはあまり言いたくないが、せめて他の機種も2年縛りで売るのなら発売中止から2年はサポートしてほしい。

最近はT3modやらカスロムばっかり入れていたので純正ROMで動かすのは久々だ。
しかし電池が持たない。ほんとに持たない。
以前はまる2日持っていたのだが、純正はぎりぎり1日。ちょうど二倍速で電池が減っていく
アプリは以前より入れてないはずなのに、アンテナピクト問題もありえない。
ログ見る限りCPUも大して食ってない。

原因としては通信しすぎだと考えられる。
root化してた時との大きな違いはfirewallを入れてるか入れてないか。
以前はfirewallアプリを入れて、アプリのパーミッションを細かく制御していたのだが、これがものすごく重い。
ただでさえ少ないRAMを食いまくっているらしい、イジってRAMを増やしたりはしたが逆に重くなった気もした。
それでも電池は2日はもっていた。
純正ROMに戻した際軽くてものすごく驚いた。しかし電池がすぐ減る。二倍速で減る。
軽いのに電池の減りが早いとはこれいかに。

RAMが多い最近の機種ならばfirewall入れてもさくさくなら電池ももっていいかもなー